« 2009年4月 | トップページ | 2012年8月 »

2009.08.19

8月18日のtwitterの記録

忙しいくせにネットをうろうろしている実態がtwitterでよくわかった。


an>

  • 12:01  マーケでいえば機会損失だととらえ徹底して適在庫をねらったけれどその背後に大きなコスト負担があるとすれば、コストと機会のどちらを優先すべきか。http://bit.ly/QZmva

  • 13:32  どうなっているのか?末吉孝生でgoogle検索すると28000件に。倍近く増えていく理由はなんだろう?twitter?

  • 14:22  よしもとばななさんの話にまったく違和感がない世代なんだ、僕は!http://bit.ly/LGqzC

  • 22:56  最近21時ぐらいから仕事をはじめている。夜の部が少し遅くなっており時間管理全体も深夜型に。つまりエンジンがかかりにくい状態なわけだ。

  • 23:31  Google phoneを試しているが、意外にも使いやすさはiphonenに見劣りしない。経験の少ない携帯、OSの分野で短期間にここまでの操作性を確保できたのはなぜだろうか?


  • Powered by twtr2src.

    | | コメント (15) | トラックバック (0)

    2009.08.13

    twitter的思考学

    twitterをじゃんじゃん書いています。
    もう日常的なメモ感覚で。

    自分の思考の足跡が残り、何から何に思考が及んだか時系列でわかります。
    ここはメモしておこうというのを、postitからtwitterにしてしまったんです。

    なにがしかのPCかPDAが僕の場合いつも開いているので、ここにメモを集結しようと思ったんです。
    いろんな仕事と人生のヒントを時には箴言集のように書き連ねることにしました。
    内省しながら外省して、時にいろんな方からヒントをもらえるって環境は凄いですね。
    相対化され客観化され、自分の思考特性と価値観がずばりわかります。

    僕の最大の関心は思考心理学です。
    ただそこだけのようです。
    学者になりたかったわけではないのですが
    経営者をやってみて、今もやっているのですが
    コンサルタントとして他人さまの経営に関与して
    経営者は心理学者だとわかりました。

    思考行動特性と価値観を徹底して記述する方法をもてば
    世の中に還元するものが多いと思います。
    twitterはまさにそのような道具に思えます。
    単なる短文ブログじゃないですね。

    末吉孝生twitter
    http://twitter.com/takaosue

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    2009.08.12

    <厳選切り抜き帳>が思考を変化させる

    若いときから雑誌や書籍の切り抜きをしていて、単純に1000枚といった量の記事が今も残っている。コレクション癖はないのでいらないと思うとさっさと捨てるがそれでも常時増やしていて、ネットでソーシャルブックマークするようになってからもまだ月に数度切り抜きを増やしていると思う。

    その中から本当に人生にとって欠かせないルールのような記事は何だろうとここ1週間ほど厳選してみた。

    仕事がら事業開発に関わる記事、人材開発にかかわる記事がそれぞれ50枚ぐらい残された。

    圧倒的に思考原則のようなものが多い。人生に欠かせないのは思考の原則なのだ。

    プロジェクトマネジメントだったらプロジェクトスコープとプロダクトスコープの違いのような本質的な論点が記載されているものが残る。時代のトレンドマネジメントだったら、沢木耕太郎の先読み術の記事(セオリーに掲載)で相場師が持つ普遍性を求める論理パタンの記事とか、目標マネジメントだったらユニクロの柳井さんの言う、目標設定ではなく目標決断という科学的意志論の話、評価マネジメントならばマネックスの松本さんが書いた時価会計思考など、何度読んでも新たな視点を提供してくれる記事が残る。

    事業開発では、事業の着想についての切り抜きが多い。先人が最も苦しんできた部分であるし、着想のパターンは貴重な原則だ。意外なテーマで多いのは会議法だ。実は事業開発プロジェクトを推進していて気になるのは生産的な議論がうまく展開できないことだ、サルガッソーの鈴木さんが言う同期機会を最低限にできる議事録会議(究極の会議)思考は示唆が大きい。

    僕はこれらの切り抜きを、現場で会議に入る前の小一時間を使って見直すようにしている。思考論は見直すことで喚起されるものが多いからだ。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2009.08.09

    仕事の生産性を上げるってこういうことか!

    僕の場合は、文書を書くということが講義であれコンサルティングであればベースになるので書く生産性についてはそれなりの効率効果をいつも考えて行動してきたつもりだった。

    ところがまったく今までの論理的合理性は間違いだったのでないかとあるコラムを読んで気づいた。
    脳科学者の茂木健一郎さんが、ある雑誌の鞄の中の特集で書いた内容だ。
    ごく短い文章だければ短いからといって侮れない。

    大量の文章を書いて出版している方で、しかもテレビや講演などの出演も多い。
    時間をどのようにやりくりしているだろうかといつも感じていたが、彼の生産技術はとても簡素なものだ。

    つまりPCを立ち上げて、PCをしまうまでの時間の集中量を引き上げるという考え方だ。
    TODOなんて作る必要はなく、そのようなストロークさえも必要ではなく
    隙間のように残された時間の中で優先度と配分をつけて最終アウトプットに近づけるかに
    神経を研ぎ澄ませるわけだ。

    与えられた時間というのは予定として切り刻まれた時間の中でという意味と、物理的身体的に集中できる時間の中で
    という二重の意味がある。次の仕事まで時間がかなりあったとしても集中は2時間が限度であり、その中でアウトプットに近い
    形にしていく。捨てるものを最大捨てきってやりきるということだろう。

    そもそもTODOなんかは頭のワーキングメモリーの中にもやもやした状態で残っているもので今何をしなければならないかは
    緊張感をもとに頭に入っているはずだ。
    だからこそ仕事を最大そぎ落としてこれだけをやるという気持ちが大事なんだろう。

    ライフハック何冊読むより原理原則がわかることが大切だと改めて感じた出来事だった。

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    « 2009年4月 | トップページ | 2012年8月 »