« 2007年11月 | トップページ | 2009年4月 »

2008.05.16

口コミ企業は信頼できるか

 ある企業調査で多数の口コミ系の企業の方とお会いしている。ネット系口コミというのは、僕の世代にとってややわかりにくい。ブロガーの組織化ともいえるシステムに少なからず違和感がある。

 リアルというか、ごく親しい友人がこれがいいと言ってくれるとその評価は信頼をもって受け入れられ僕もすぐさまお店に向かう気になる。
 しかしネット上のブログに書かれた口コミにそれほどの誘因力があるのか。
 一部の友人以上に、自分の志向性や価値観に近いブロガーにはシンパシーがあって、本やソフトウェアような価値観の表現ともいえるようなもの商品であれば受け入れやすい。
 梅田望夫さんが書くブログには、同年代、同業、同性、経験の近さ、同 個性から、書かれた内容に同情の気持ちが沸くし、紹介された本やCDはかなり買っていると思う。
 しかしその手のブロガーはごく少数だから、いくつも条件が合うような人間に出会うことは少ないのではないかと感じていた。

 しかし、企業調査でわかったことはブロガーの数、母集団がかなりの数いるということだ。20万人といわれるところ、提携ブログ会社の数を含めて220万人と言われるところもあり、その母数のブロガーに情報発信をして、ブログの記事を書いてもらうという。1000人のブロガーが書くとネット上のプレゼンスはかなり大きくなるという。
 新聞発行部数にも匹敵する人数であるし、多少セールストークがあるとしてもこの数字は大きいし、自分の志向にあう商品であれば、志向のごく近いブロガーに出会う可能性はあるだろう。

 なかには、1500人ほどの無償の書き手と1対1の関係を構築し、長くモニタリングをやってもらっているネットというよりリアルに近い人間関係を十分にもったノンプロフィットライター集団を抱えている会社もある。無償という意味あいは、書くことが好き、商品が好きという純粋動機を形成する。
 得られた顧客インサイトはびっくりするようなおもしろさだ。JJのベビーローションが高校生に売れ数十億の市場を作ったことを彷彿させるビッグベネフィットをライター集団から生み出している。

 以前は口コミを作るというのは繊細で大変な知恵がいる世界だったように思うが、今はある程度の組織化が可能な世界になったようだ。

 顧客のインサイトを発見するという意味でとてもおもしろい実験が始まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.04

いつか来た道

最近多くのベンチャー社長にお会いしている。
投資先を求めている企業とともに事業戦略を検討するためだ。
若い、20代だろうか、意欲を体全体で表現できる若者にマブシイ気持ちで接している自分がいる。自分も、昔々30代後半だったけれど投資してもらいたくてキャピタルを訪問してまわったことがあるから彼らの気持ちが見えるようだ。

デューデリとはいえ、尋問されているようでさぞ気分が悪いだろうな。

以前とちがって投資側からだと見えるものが違う。
「世界を変える」「日本を代表する企業になる」「ナンバーワンではなくオンリーワンを目指す」と多くの社長が発言する姿を見て、気持ちは複雑になる。体からアドレナリンが噴出して恥ずかしい気持ちになる。

ネットベンチャーに参画し参謀役をやってたころ、中身もまだないのに同じように言っていた自分の姿とかぶるからだ。中身を説明せず外装から入る言い方。そのような物言いに中身があったためしがない。

しかし今の僕はここでその若人を切り捨てる気持ちにはまったくならない。
この情熱に形を与えたい。
それは若き経営者が通る道だからだ。

たとえ外装だけであってもいずれはそれはビジネスモデルになる。
スタートアップは業界を超え俯瞰する発想が必要で、大きな絵の中にすばらしいモデルがが生まれることが多い。ヤマト運輸の小倉さんも日本全国に小さな荷物が行き来する姿を頭に浮かばせてネットワーク外部性をひらめいた!

ベンチャーも軌道に乗り始めると、いやになるほど細かな仕事ばかりがあってしんどくてならない。しっかり夢が描けてないとここで我慢できなくなって投げだしてしまう。思いつきの事業を追いかけるようになる。
若い企業が続々誕生して、新しい分野をいくつも切り開いている姿こそが明日の日本の姿だと固く信じてやまない。
絶対彼らを成功させるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2009年4月 »