« ストレスを作らないためのライフハック | トップページ | 論理解析力をつけるためにまとまった時間があったらぜひやりたいこと »

2007.05.28

ファシリテーショングラフィックトレーニングに行く

先日、日本総研の加藤彰さんが講義するファシリテーション・グラフィックコースに参加した。

徹底して、参加者の意見を組み込むところ、メンバーをモチベートする秘訣がファシリテーションテクニックにあることがよくわかった。

僕はたいがい合理性だけで議事を進行してしまうが、このファシリテーションテクニックはメンバーを巻き込んでいくために上手に白板、白紙を利用する(白板よりも模造紙のほうが断然よいらしい)。文字は手書きがよく装飾を加えることで印象を強くし議事を円滑化する。

その手法は

 -白紙に集中してもらう仕組み
 -議論を積み重ねて議論の強弱をつけていく仕組み
 -議事を白紙に残すことの喜び(何枚でも足す)
 -発散と収束をドラマティックにする仕組み

といった感じで、作業をドラマ化していく手法がつまりファシリテーションのようだ。
ファシリテーションにはわかりやすいや緻密さと文書化の概念ではない要素が多く含まれている。

文字はマーカの筆先を使って縦横に強弱をつけることが大事らしい。昔学生運動で立て看書いた感覚だ。同時にFreeMindで以下のように整理した。

Scan0016_1

Photo_2

|

« ストレスを作らないためのライフハック | トップページ | 論理解析力をつけるためにまとまった時間があったらぜひやりたいこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/15237107

この記事へのトラックバック一覧です: ファシリテーショングラフィックトレーニングに行く :

» まちづくりと映画づくりの手法の一致〜ファシリテーション [にっぽんプロデュース・ブログ]
にっぽんプロデュースの高木です。現在、我々メンバーでは日々、映画「エキスペリエ... [続きを読む]

受信: 2007.07.28 18:04

« ストレスを作らないためのライフハック | トップページ | 論理解析力をつけるためにまとまった時間があったらぜひやりたいこと »