« 近くて遠い国、韓国 | トップページ | 日本型のプロダクトマネジメント »

2007.04.10

1日4時間しか働かない仕事術

このタイトルの講演録が上がっている。ティム・フェリス(Tim Ferriss)という方の講演だ。ハイテク分野の起業家らしい。今津英世さんのブログから引用している。

http://d.hatena.ne.jp/himazublog/20070408/1175994799

4時間というのは象徴的だが、時間管理の中に自分に向く仕事、向かない仕事という判断がある。向かない仕事に多くの労力がかかるというのは末吉にとっても実感値だ。

思い悩み時間をかけて準備するが重いのか成果が少ない。自然に悩んでいる時間や余分な折衝に時間をかけることになる。まったくだな。

自分に向かない仕事をうまく断る術が大切だ。仕事で成果を挙げている人というのは、この選択と周囲に迷惑のかからない調整法が上手なのだと、改めて感じた。僕の事で言えば、仕事の選択眼は年々磨かれているように思う。成果が上がる場合と成果の上がらない場合の差分が、経験量からか見えてきている。

差分は顧客が見える、焦点を絞ることができるかどうか。顧客が事前に見えれば成果は上げやすい。また顧客対策を準備できれば成果はあげやすい。その両方ができない時に成果があがらずストレスも大きい。

徹底しよう、ターゲティングを。

|

« 近くて遠い国、韓国 | トップページ | 日本型のプロダクトマネジメント »

コメント

この記事とは関係ないのですが、著書の「マーケターの仕事術」読ませていただきました。これこそ自分が欲しかった本、本当にありがとうございました。私のブログにて読んだ感想を書かせていただきました。今後とも宜しくお願い申し上げます。

投稿: 西新之助 | 2007.04.18 01:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/14629795

この記事へのトラックバック一覧です: 1日4時間しか働かない仕事術:

« 近くて遠い国、韓国 | トップページ | 日本型のプロダクトマネジメント »