« 夜のタイムマネジメント | トップページ | ひげ剃りのストレスマネジメント »

2006.12.30

最強の電子辞書

 電子辞書を良く使う。紙の辞典を使う機会は極端に減った。経営、心理、マーケティングの専門辞典は紙の辞典を使うがこれも電子化されたらよいのにと思う。それ以外はすべて電子辞書だ。この製品分野はどうもシャープとカシオの競争になっているようだ。以前はソニー製があり、コンパクトさとフォントのモダンな印象がよく、不便でもソニー製を使った。今は経営陣の刷新でドライに負け組とされたのだろう。事実上撤退している。ソニーはインフォメーションを扱うハード&ソフトこそが事業ドメインであったはずなのにこの分野から撤退していくのは戦略がないからだろうと思っている。しかしソニー電子辞書はよかった。

 最強の電子辞書のふれこみで正価が10万近くする(実売はずっと安い)SEIKOのG10000番を使い始めた。かなり英語関連の辞書に特化しているのでその真価を十分に理解していないのだがVGAハイレゾ画面で文字を見るのはすばらしく読みやすい。解読速度が2倍になった感じだ。気持ちいい。たかが画面だが紙に近い高精細な画面の威力はほんとうにすごい。自分の眼の精度が落ちたことが真の原因だろうが、これを見たら他の辞書は使いにくい。

 ブリタニカ国際百科を使った。この百科事典の由来を知らないが、たまたまストレス理論について引いてみた。ストレス理論は因果関係の強さだけでみる病理観を根本的に覆した理論であると紹介されている。最も重要なセリエの非特異的な生体反応による疾病について解説されている。致命的疾病の75%はストレスが予後を決定する。この内容をみてこのブリタニカの学問的力を知った。ちなみにブリタニカ国際百科を収録した電子辞書は他のメーカーのものもある。

 ハイレゾ+ブリタニカは根本的な思考を強化する最強の電子辞書になると印象を持った。

|

« 夜のタイムマネジメント | トップページ | ひげ剃りのストレスマネジメント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/13269798

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の電子辞書:

« 夜のタイムマネジメント | トップページ | ひげ剃りのストレスマネジメント »