« ビジネス詩Ⅰ「仕事を楽しむ」 | トップページ | 未来塾研究所 »

2006.10.08

一匹狼経営

 僕はしばらくの間一匹狼経営をしようと思う。一人経営だ。よく聞くのはインディペンデント・コントラクターという言葉だが、この言葉には請負の臭いがしてよくない。企業の業務の一部を専門家として担うということだが下請けに違いはない。
 下請けでは一匹狼経営にならない。自分で自分の位置を決める、世の変化を自分で作り出すような一人経営がいい。そのためには専門家であるだけではだめで事業家、投資家としての自己像がないといけない。事業家というのはものつくりだ。サービス業にいる限り請負になる。
 僕はある出版社社長と話しをしていて、個人のコンサルタントは信頼できないといわれた。金のために、時間単位で仕事をするからだと。コンサル側の言い分もあるが、時間を銭に変える発想があることに間違いない。合理的だが、僕もそこにある「この仕事はここまでだな」という限定性が確かに気になる。
 事業家とはものつくりだが、ものつくりこそ飛躍を生む。一匹でもものつくりができる。ノウハウのものつくりだ。飛躍があれば、セコクなくて済む。出版社の社長のように、夢を形にすることに全力できるのだ。この精神の豊かさが一匹狼経営の本性だと思っている。これをもとめて一匹になったのだから。
 一匹狼経営に、専門家の要素と事業家の要素、投資家の要素の三体を組み合わせることが大事だと思っている。R.キヨサキの言っていることに精神性をくわえたものが今僕が考えている一人経営のあり方だ。

|

« ビジネス詩Ⅰ「仕事を楽しむ」 | トップページ | 未来塾研究所 »

コメント

一匹狼経営のネットワークについて引き続き書いていきたい

投稿: takaosue | 2006.10.09 10:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/12196369

この記事へのトラックバック一覧です: 一匹狼経営:

« ビジネス詩Ⅰ「仕事を楽しむ」 | トップページ | 未来塾研究所 »