« あるIT大手の顧客心理マニュアル | トップページ | 知識の凝縮雑誌…RESUMEX »

2006.08.18

講師力というもの

 人前で講義するようになって17年になる。
 29才で宣伝会議のコピーライター養成講座で話しをしたのが最初だ。以来、どのようにわかりやすくテクニカルな内容を説明するかに腐心してきた。実務教育なのでそれが最も大事であると考えていた。
 たまたま梅田望夫さんのブログを見ていて、講義についてまったく違い解釈があることに気づいた。講義には講師としての生命感が求められるという。
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060810

|

« あるIT大手の顧客心理マニュアル | トップページ | 知識の凝縮雑誌…RESUMEX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/11473233

この記事へのトラックバック一覧です: 講師力というもの:

« あるIT大手の顧客心理マニュアル | トップページ | 知識の凝縮雑誌…RESUMEX »