« 集中力を高める方法 | トップページ | ブログシール…すいません少し実験しています »

2006.08.26

講師2.0

 沢山の教育機関で仕事をしてきた。
 今、僕はここにきて既存の教育方法に大きな疑問を持つようになってきた。 

 私が関わっている機関は教育ビジネスの性格があるからどうしても教師と生徒の関係はサービスプロバイダーと顧客の関係になる。これは悪いことではない。いや市場である限り絶対であり、顧客ロイヤリティづくりとはそういうものだ。

 僕はとても受容的な個性の持ち主なので期待があれば応えることを大切にするが、教育そのものが受け身なものになっていくことに危険を感じる。嫌々ながら学んでいる受講生の方々の姿をみると知を愛する気持ち、知を共有することの共生と成長の意欲が損なわれていくことに一石を投げ入れるようにならなければと思っている。
 教育機関を責める気はない。講義のスタイルに課題が多いと思っている。

 教育とは教師と生徒の相互作用で成り立ち、自ら考え、既存の枠組みを否定し率先して状況から学びとる姿勢を創る場に講義を変化させないといけない。
 事実に問題意識を持ち、課題意識が持てるところに、知恵を欲する意欲が湧く。

 教育が想定している現場に近い状況を創りあげ、現場さながらに考えることができるように、生徒の方々から問題意識が爆発するように向かわせることがたいせつだ。

 

|

« 集中力を高める方法 | トップページ | ブログシール…すいません少し実験しています »

コメント

水口健次さんの新しい文庫本にヒント

投稿: takaosue | 2006.08.30 02:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/11614996

この記事へのトラックバック一覧です: 講師2.0:

« 集中力を高める方法 | トップページ | ブログシール…すいません少し実験しています »