« 教えるための8ヶ条 | トップページ | 流行もの好き »

2006.07.06

コンサルタントの思考5ヶ条

多くのコンサルタントを会ってきた。その思考の特徴は以下の5点に集約できる。末吉も得意とする部分だがここまで割り切って事案にあたっていないと思う。人間の感情や無意識の行動を考えるとあえて以下の思考行動を見せないでいる。

1)仮説思考で考える
  事実の積み重ねから仮説をみつけ、仮説の積み重ねから
  ルールを発見する
  いわゆる仮説演繹法
2)自分の使う言葉(用語)への定義が十分になされている
3)イエスかノーか2項対立で事象を振り分ける
  MECE:MECE:Mutually Exclusive Collectively Exhaustive
  「それぞれに重複することなく全体集合としてもれがない」が
  ないように対象を概念化し整理する
4)数でとらえる訓練をしていて、構成比、分布・偏差、代表値で事象を
  抽象化し考える
5)これ以上考えられないという状態から出発し考え抜く
  コンサルの価値はこの考え抜くバイタイリティにあり「なぜだ」を5回以上
  くり返す作業をやっており(Jポラス)、クライアントよりも考え抜くことが
  「売り」
  知識だけで言うと自社や業界のことはクライアントのほうがよく知っている
  わけだから

○実践的なロジックについての研究文献
 -イーサン・ラジエル『マッキンゼー式世界最強の仕事術』(英知出版)
  原題は The Mckinsey way
 -ゼックミスタ『クリティカルシンキング(入門編、実践編)』(北大路書房)
 -斎藤嘉則『問題解決プロフェッショナル』(ダイヤモンド社)

|

« 教えるための8ヶ条 | トップページ | 流行もの好き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/10809221

この記事へのトラックバック一覧です: コンサルタントの思考5ヶ条:

« 教えるための8ヶ条 | トップページ | 流行もの好き »