« 人生の乗り換え駅 | トップページ | 私のブログの書き方 »

2006.04.05

思索の場

岡田さんというコンサルタントと友人だ。たくさんのことをこの方から学んでいる。しかも物知りだ。
今回は思索の場について岡田さんと話をした。
私はオフィスを持たないで、いくつかの思索の場を転々としようかと思っている。
オフィスというのは自分の場なので誰にも邪魔されないが刺激も少ない。
ほっとする場であるよりは刺激の場が僕のような一匹狼の場合は大切だ。だから岡田さんと思索の場所について話をした。
私は日本能率協会のマーケティングデータバンクという資料センターをよく使用する。六本木ヒルズアカデミーのライブラリーも利用始めた。岡田さんは都立中央図書館がいいと言ってくれた。早速、中央図書館とついでに系列の日比谷図書館に出向いた。それぞれによいところがある。

●日本能率協会MDB:専門雑誌の開架が魅力だ。素早く各分野の動向がわかる。少しまとまったレポーティングには専門誌紙、業界誌紙は欠かせない。広告の分野でいえば「企業と広告」「日経広告手帖」「日経広告研究所報」といった中項目、小項目の専門誌があるのが魅力だ。高価だが事務局の迅速な動きを考えると私の最大の思索の場だと言える。

●ヒルズアカデミーライブラリ:静かだ。資料、専門書の耽読にはここがいい。集中できる

●都立中央図書館:広尾駅を出て有栖川記念公園を抜けると図書館がある。歩いて数分の感覚。マーケティングの蔵書をみると研究書籍が充実している。実務書籍はやや少ないと感じた。研究者型か。しかも著作権の範囲で自らコピーできるのが有り難い。

●日比谷図書館:一般雑誌の開架が充実している。最新の雑誌を2年分ほど系統的に見ることができる。

図書館については以下の本が参考になった。
千野信浩『図書館を使い倒す』(新潮社)

|

« 人生の乗り換え駅 | トップページ | 私のブログの書き方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/9417921

この記事へのトラックバック一覧です: 思索の場:

» お仕事の内容はヒミツww [ギャルギャル]
今はフリーターやってるよぉ!お仕事の内容はヒミツww好きな事はアニメと買い物とぉ・・・・・俄然SEX!!はぃ!ソコ!!引かないよ〜〜!! [続きを読む]

受信: 2006.04.14 06:11

» 清純そうなイメージだったらそういう目に合わないのかな? [優希]
疑問・・・他の女の子ってどうしてるんだろう気になる人からセックス求められたらどうするんだろう? [続きを読む]

受信: 2006.04.25 16:53

« 人生の乗り換え駅 | トップページ | 私のブログの書き方 »