« 議論に勝つこと | トップページ | 息子のために »

2005.11.03

ブルーオーシャン戦略

ある方の薦めで『ブルーオーシャン戦略』を読んだ。長くマーケティングはコトラーによる体系で検討されてきたがこの本はコトラーとは別物だ。新規市場を<ブルーオーシャン>といい企業の市場利益の60%を稼ぎ出していることを提示し開拓市場中心に理論化されている。ネットでブルーオーシャン戦略&ブログと検索すると約730件ヒットし多様な分析がおこなわれている。新規市場の探索についての方法論を6パスという6つの分析尺度を提供した上で、競争要因を特定し戦略キャンパスに表現する。この戦略キャンパスは自社と業界全体、そして新しい事業戦略を比較でき、説得性が高い。しかも体系として組織論まであり実務的だ。早速このツールを使って分析してみようと気になる。ほんとうによくできている。添付したものはブルーオーシャン戦略の体系図だ。複数のツールがあり、いずれも簡便だ。来年からマーケティング論のテキストを大幅に変えないといけない
(主なツール)
・戦略キャンバス
・アクションマトリックス
・6パス
・戦略ビジュアル
・非顧客グループの発見
・買い手効用マップ
・利益モデル
・BOIインデックス
・組織ハードルの除去
「111.mht」をダウンロード

|

« 議論に勝つこと | トップページ | 息子のために »

コメント

マーケティングストラテジーの方法論を整理するにつれ、別の角度で問題を整理しなおしたいと思っていた矢先でした。大変タイムリーな情報をありがとうございます。

投稿: okdt | 2005.11.07 14:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/6870268

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーオーシャン戦略:

« 議論に勝つこと | トップページ | 息子のために »