« コンサルタントの生き残り策 | トップページ | 教え方の工夫 »

2005.08.09

MECE

経営についてのアドバイスであっても、ロジカルシンキングに立ち返ってお話する機会が多い。原因と結果、目的と手段の因果関係が弱いからだ。営業成績が不振だと言われれば、営業マンの教育が必要だと短絡的に結びつく。何が原因か、どのような解決策が必要かMECE(Mutually Exclusive, collectively Exhaustiveの略、相互に排他的で、全体に徹底的の意味)で考えましょうと辛気くさいが話すようにしている。仮説という名の思考実験は対語である概念を利用してMECEにしていくことが大事だ。思考実験といった大それた言い方をしているがようは対極概念を使って思考の枠を広げる。だいたいコンサルタントをやっている方々は「MECE辞典」を持っているようだ。末吉も100ぐらいの対立概念を用意している。

|

« コンサルタントの生き残り策 | トップページ | 教え方の工夫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21781/5372817

この記事へのトラックバック一覧です: MECE:

« コンサルタントの生き残り策 | トップページ | 教え方の工夫 »